> サイズに関して
■クワガタの体長

各々の個体の最大値で計測しますので、大顎を閉じて計る場合と開いて計る場合があります。
参考:画像は64mmとなります。
補足1:1mmを超えた場合(64,4mm)などのは64mm+とします。
補足2:1mmに微妙に届かない場合(64,9mm)などのは65mmーとします。
但し、ギネスに近い個体やギネス個体は詳細mmを書きます。

■国産オオクワガタやホーペオオクワガタの大顎幅

大顎根元部分を左画像のように計測します。
参考:■左顎5,2mm ■右顎5,4mm
(厚みを計る場合はノギスを同じ位置で上下に当てて計ります。)

■ヒラタクワガタやアンタエウス等の内歯の幅

画像のように、内歯の一番出ている部分にノギスをあてて計測します。
参考:■左内歯幅10,3mm ■右内歯幅10,5mm

■クワガタの頭部幅

画像のように、頭部で一番幅がある部分を計測します。
参考:■頭幅32mm

■クワガタの前胸板幅

画像のように、前胸板の一番幅がある部分を計測します。
参考:■前胸幅34,2mm

■カブトムシの体長

画像のように、胸角の先から上羽の先までを計測します。上羽よりお尻が出ていても計測されません。
種類によっては頭角の方が長い場合がありますが、その場合は頭角から計測します。

参考:■152,0mm /エクアドル産WD

■蝶の場合

画像のように、右前翅を計測します。
参考:■右前翅の長さ:90mm